ソフトバンク・モイネロ安定感バツグン 上位打線を3人斬り

西日本スポーツ

 ◆SMBC日本シリーズ2019第3戦 巨人2-6ソフトバンク(22日・東京ドーム)

 今ポストシーズン8試合目の登板となったモイネロが上位打線を打者3人で切って取った。

 4点差の8回に登板すると、先頭坂本勇を三飛に。丸には四球を与えたものの、続く岡本をチェンジアップで三ゴロ併殺に仕留め、森にバトンを渡した。「コースを間違えないよう、低めだけを意識した」と満足そうな表情。CS、日本シリーズ計10試合中、8試合でマウンドに上がり、7回2/3をわずか1失点と安定感は抜群だ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ