ソフトバンク森が無失点締め「あと1勝みんなで」

西日本スポーツ

 ◆SMBC日本シリーズ2019第3戦 巨人2-6ソフトバンク(22日・東京ドーム)

 守護神の森が最終回を無失点で締めた。

 4点リードの9回に登板。先頭阿部に右前打を許し、1死後にゲレーロへの初球が暴投となったが、一気に三塁を狙った増田大を高谷が三塁で刺した。最後はゲレーロを空振り三振に仕留め、結果的に打者3人で攻撃を終わらせた。今シリーズは第1戦でソロ本塁打を浴びて1失点し、第2戦は3連打を許すなど不安定な投球が続いていただけに、「チームが勝ってゼロで終われたのはよかった。あと1勝、みんなで取りにいきたい」とホッとした様子だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ