ソフトバンク森2年連続胴上げ投手 最後は坂本勇を三振

西日本スポーツ

 ◆SMBC日本シリーズ2019第4戦 巨人3-4ソフトバンク(23日・東京ドーム)

 守護神の森が2年連続で日本シリーズの胴上げ投手となった。1点リードの9回に登板。大城、代打陽を続けて打ち取った後、第3戦で2打席連続本塁打の亀井に四球を与えたが、最後は坂本勇をフルカウントからのカットボールで空振り三振。マウンドで喜びを爆発させた。「(巨人への)声援がすごかったけど、気持ちだけは負けないようにとマウンドに上がった。今後はゆっくり休みたい」と勝利の余韻に浸った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ