ソフトバンク甲斐野驚きのバント安打 シーズンで打席ゼロ

西日本スポーツ

 ◆SMBC日本シリーズ2019第4戦 巨人3-4ソフトバンク(23日・東京ドーム)

 甲斐野が驚きの“プロ初安打”を記録した。レギュラーシーズンでは打席ゼロ。プロ入りして初めての打席となった7回1死一、二塁で、三塁前に絶妙なバントを転がし一塁を駆け抜け、内野安打となった
 打席で「緊張しなかった」という右腕は、本職の投球でも1点リードの6回2死一、二塁で登板し、代打の石川を遊ゴロに打ち取って、回をまたいで投げた。
 プロ1年目から救援の一角でフル回転したルーキーは「みんなでマウンドに集まった時、日本一になったうれしさを感じた」と笑顔を見せた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ