ソフトバンク2位海野が千賀にラブコール「気になります」

西日本スポーツ 長浜 幸治

 福岡ソフトバンクからドラフト2位で指名された東海大の海野隆司捕手(22)が23日、神奈川県平塚市の同大湘南キャンパスで指名あいさつを受けた。二塁送球は最速1秒73を誇る強肩捕手は、正捕手の甲斐からエース千賀の「女房役」を奪う決意を明かした。

 海野が挑戦状をたたきつけた「甲斐キャノン」は、憧れであると同時に超強力なライバル。「(甲斐は)超えなくちゃいけない存在。高すぎる壁であることは分かっているけど、球界を代表する捕手になるという目標を常に持ってやりたい」と早くも意気込んだ。

 日本球界を代表するエースの千賀は、捕手なら誰もが胸をときめかせる存在だ。「あれだけの投手がどんな球を投げるのか、すごく気になります。フォークに(捕球が)ついていけるか。いずれはバッテリーを組みたい」と目を輝かせた。

 福山チーフスカウトは「2位で残っているとは思ってもみなかった逸材。来春キャンプではスローイングでお客さんを沸かせてくれると思う」と太鼓判を押した。 (長浜幸治)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ