ソフトバンク、工藤監督続投を正式発表 2020年から2年

西日本スポーツ

 ソフトバンクは24日午前1時すぎ、就任5年目の今季で契約が切れる工藤監督との契約を2021年まで2年間更新したと発表した。

 後藤球団社長兼オーナー代行は3年連続日本一を決めた23日夜、取材に「パの王者に4連勝、セの王者に4連勝で駆け上がった価値ある日本一。意思決定がぶれず、ビジネスの世界でも通用する素晴らしいリーダー。われわれにとって、工藤監督以上の監督はいない。近く正式にお話をさせていただきます」と最大級の評価を口にしていた。

 球団はレギュラーシーズン終了後にも、来季以降の複数年契約を打診していた。

 工藤監督野コメント
 「2020年からの2年間、チームの指揮を任せて頂けることに、身の引き締まる思いです。そして、ここまで支えてくれた関係者、スタッフの皆様に改めてお礼申し上げます。来季は、チーム一丸となり、リーグ優勝、そして、4年連続日本一を目指し、精いっぱい頑張ります。そして同時に、将来にわたって強いホークスであるための育成・強化に努めたいと思っております。ファンの皆様におかれましては、より一層の声援をよろしくお願いいたします」

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ