グラシアル 日本シリーズMVPも謙虚すぎるコメント

西日本スポーツ

 日本シリーズで巨人を4勝0敗で破り、3年連続日本一に輝いたソフトバンクの工藤監督、選手会長の柳田、最高殊勲選手(MVP)に選ばれたグラシアルが23日、東京都内の宿舎で共同記者会見に臨んだ。

 グラシアルの一問一答は以下の通り。

-MVPに選出された

 選んでいただいたことは素直に、とてもうれしく思います。でも仲間の応援、裏方さん、首脳陣の皆さんの努力がなかったらこういうプレーもできていなかったと思う。まずはチーム全員、今日来られなかったファンの皆さん、ホークスのために時間を割いてくださってる皆さんに、感謝を伝えたいと思います。

-4戦3発の活躍だった

 こういう結果につながっているのは、スコアラーの方たちの情報。こういうピッチャーで、この変化球を投げて、こんな情報があるからこういうところに気をつけてと毎回、話をしてくださって。それがとても良かったかなと。とても役に立ったと言うか、自分自身を助ける情報になったので。そういった部分でコミュニケーションがしっかり取れたことが良かったんじゃないかなと思います。

-第1戦で逆転、第3戦で同点、第4戦で先制の本塁打。どれが一番印象に残っているか

 今日(第4戦)のが一番、自分の中では重要だったと言うか、いい場面で打てたなという印象が強いホームラン。最後の試合、勝てば優勝できる試合ですし、そういった意味でもすごく重要という思いもあります。

 ただ(巨人)菅野や、和田さんのようなすごいピッチャーが投げて0-0だった中で、ああいうホームランを打つことができて、和田さんや、後に投げてくれたピッチャーも助けられたホームランだったんじゃないかなと思います。

-集中力が高かった

 自分のやるべきことを明確にして打席に立ったり、プレーしたことに尽きると思います。情報をしっかり与えてくれたスコアラーの皆さんだったり、そういった方にまずは感謝したいと思います。

 柳田選手が先ほど「バッティングの部分で思い悩むことがあったけど、守備や走塁で」と話をされてましたけど、チームをすごく助けてくれた場面がたくさんありましたし。センターを守っているギータをみるだけで元気が出る選手はたくさんいますんで。あそこに立ってもらっているだけで、チーム全員が活気づいてきます。

 そういった意味では、それぞれの選手がそれぞれの仕事をしっかりやろうとしたことが重要だったんじゃないかなと思います。

-その柳田はグラシアルについて「こんな男になりたい」と話していた

 僕から見たらギータはスーパープレーヤー。性格的にもすごくいい人で、話していてとても楽になれることもたくさんあります。ギータはやることをしっかりやっていて、みんなに頼られる存在。間違いなく重要な一員として今後もいてもらわなきゃいけない存在なんじゃないかと思います。

-ファンに伝えたいことは

 いつも言わせていただいていますけど、応援していただいて、自分たちに力をくださってありがとうございました。ファンがいなければこういう風にプレーはできなかったと思いますし、本当に感謝の一言に尽きますね。僕たちと、スタッフの皆さん同様に、ファンの皆さんも(日本シリーズ)優勝を楽しんでいただけたらと思います。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ