ソフトバンク、楽天の平石前監督を招聘へ 主要ポスト用意

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクが楽天で監督を務め、今シーズン限りで退団した平石洋介氏(39)の招聘(しょうへい)に動いていることが24日、分かった。球団は今季エースの則本昂や岸が長期にわたって不在だった中、就任1年目で楽天を2年ぶりのAクラスに押し上げた手腕を高く評価。主要なポストを用意して招く方針だ。

 大分県杵築市出身の平石氏は大阪・PL学園高から同志社大、トヨタ自動車を経て、2005年にドラフト7位で楽天に入団。11年限りで現役を引退し指導者に転身。1軍打撃コーチなどを歴任した。

 昨年6月、梨田監督が辞任したのを受け監督代行に。今季は1年契約で球団創設15年目で初の生え抜き監督としてクライマックスシリーズ(CS)へ導き、ファーストステージでソフトバンクに1勝2敗と惜敗。シーズンを終えても球団から続投の要請がなく、今月11日に退任が発表されていた。

 楽天からは新設される「2軍統括」ポストが提示されていたが「お話はありがたいが」と固辞。今後については「何も決まっていない」と話すにとどめ、「ずっと野球をやってきたので、携わりたい気持ちはある。今までユニホームを着させてもらい、これが嫌になったわけではないので」と心境を口にしていた。球団は平石氏に象徴されるように来季3年ぶりのリーグVと4年連続日本一へ、積極的に新たな組閣を急ピッチで進めていく。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ