北九大エース益田連投で3失点 今季自己ワースト

西日本スポーツ

 北九大は前日23日の準決勝・日本文理大戦で完投したエース益田を先発させて勝負を懸けたが、4回途中に連打と自らのミスで崩れ降板した。「連投の疲れはあったがゴロを打たせようとした。最低7回までは投げたかったが4回で降りて、自分のせいで負けた」とエースとして責任を感じていた。決勝での3失点は今季自身ワースト。「連投に耐えられる体をつくって来年の春は2試合連続で投げられるようになりたい」と課題を挙げた。

PR

PR

注目のテーマ