「小さい頃から西武ファン」6位井上に渡辺GM「非常に楽しみ」

西日本スポーツ 小畑 大悟

 西武からドラフト6位指名された東京・日大三高の井上広輝投手(18)が24日、東京都町田市の同校で指名あいさつを受けた。最速152キロ右腕は「佐々木投手、奥川投手と投げ合って勝ちたい。同世代には負けたくない」と下位指名からロッテ1位の佐々木(岩手・大船渡高)、ヤクルト1位の奥川(石川・星稜高)ら上位指名投手への“下克上”を誓った。

 神奈川県厚木市出身の井上は小さい頃から西武ファンだったという。涌井(現ロッテ)のレプリカユニホームを着て、メットライフドームで声援を送った。「素直にうれしい。小さい頃からの夢だった」と西武からの指名を心から喜んだ。

 高校2年時は春夏の甲子園にも出場。伸びのある真っすぐとチェンジアップを武器にする右腕に、渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)は「バランスのいい体つき。非常に楽しみ。球はまだまだ速くなる。投手陣が若いのでチーム内で競争してほしい」と期待した。

 球団からは育成法などの説明を受け、「(西武は)若い選手も活躍している。高橋光成さんや今井達也さんのようなピッチャーになりたい」と入団が待ちきれない様子。プロで同学年の一番星を目指す。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ