ソフトバンク川島FA権行使視野 「悔い残したくない」

西日本スポーツ

 ベテラン川島が今オフのフリーエージェント(FA)権行使を視野に入れていることを明かした。2018年に海外FA権を取得し、14年目の今季は打率3割6分4厘(66打数24安打)と好成績を記録。「左キラー」の異名を取る男らしく、対左投手は打率3割9分6厘(48打数19安打)と存在感を発揮した。「残り少ない野球人生。悔いを残したくない思いが強い。入団以来、ホークスにはとてもお世話になっているけど、野球選手である以上、常に試合に出続けられる存在でいたいという思いもある。権利を行使するかどうか、非常に悩んでいます」。17年オフに結んだ2年契約が今季で終了。申請書類提出期限の11月1日まで熟考し、決断を下すことになりそうだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ