ソフトバンク、楽天前投手コーチ森山良二氏招聘へ

西日本スポーツ

 3年連続日本一に輝いた福岡ソフトバンクが、今季まで楽天で1軍投手コーチを務めた森山良二氏(56)=北九州市出身=を、来季の1軍投手コーチとして招聘(しょうへい)することが分かった。近日中にも発表される見込みだ。

 3年ぶりのリーグV奪回と4年連続日本一へ向けて、球団は来季の組閣を急ピッチで進めている。森山氏は1987年にドラフト1位で西武に入団。横浜(当時)に移籍し、95年の現役引退後は横浜、西武でコーチを歴任して2010年からは楽天で主に1軍投手コーチを務め、契約満了に伴い今季限りで退団した。

 2年連続のリーグ2位に終わった今季は、特にシーズン後半で先発のコマ不足に悩まされた。来季以降へ向けて若手投手陣の底上げは急務で、球団は倉野信次1軍投手コーチ(45)を、来季からファームを巡回するコーチに配置転換する方針。代わって1軍での投手コーチ経験が豊富な森山氏に、白羽の矢を立てた形だ。

 球団は同じく楽天で監督を務め、今季限りで退団した平石洋介氏(39)にも主要ポストを用意しすでに招聘にも着手。妥協を許さない組閣で、V4への足場を固める。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ