阪神がソフトバンク中田を無償トレードで獲得へ かつて狙った虎キラー

西日本スポーツ

 阪神が、ソフトバンク中田賢一投手(37)を無償トレードで獲得することが26日、分かった。既に両球団間で合意に達しており、同日中にも発表される見込みだ。

 福岡・八幡高から北九大をへて、ドラフト2巡目で2005年に中日入団。国内フリーエージェント(FA)権を行使して14年にソフトバンクへ移籍した。先発ローテーションの一角として同年チームトップタイの11勝。18年にはプロ通算100勝を達成した。

 同年に再取得したFA権を行使せず残留して臨んだ今季は、登板機会が1試合と激減し未勝利に終わった一方、2軍で規定投球回に到達。防御率(3・02)、勝率(6割6分7厘)でウエスタン・リーグのトップだった。日本シリーズ出場40人枠からは外れ、みやざきフェニックス・リーグで登板していた。

 ルーキーイヤーのプロ初勝利が阪神戦。同年から3年間で対阪神8勝2敗と相性が良く、虎キラーと呼ばれた。FA権行使の際には阪神とも交渉し、背番号18を提示されてもいた。ソフトバンクでは18年に甲子園での阪神戦で通算1500投球回を達成した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ