ソフトバンク・ミランダ残留熱望 来季去就未定「戻ってきたい」

西日本スポーツ

■福岡空港から離日

 福岡ソフトバンクのアリエル・ミランダ投手(30)が26日、福岡空港から離日した。昨季はシーズン半ばに加入して6勝(1敗)とチームに貢献した。今季は7勝(5敗)をマークしたものの、安定感を欠く内容が目立ち防御率は4・19。日本シリーズでも登板機会はなかった。来シーズンの去就は未定となっている。

 福岡空港に駆けつけた高谷や球団スタッフの見送りを受けた左腕は「いつもポジティブに話しかけてくれた。チームメートのみんなに感謝したい」と、共に戦った仲間へ謝辞を述べた。

 自身の去就については「チームとの話し合いはこれからだよ」と話すにとどめた。その上で「自分の中では(ソフトバンクに)戻ってきたいという思いがある。シーズンに向けた準備をした上で、チームの期待に応えたいと思っているよ」と、来季もホークスでプレーすることを希望した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ