ソフトバンク三森 俊足生かしてランニング弾

西日本スポーツ

 3年目の三森がランニング本塁打で存在をアピールした。初回無死一塁で左翼線への打球を放つと、飛び込んだ左翼手がそらす間に一気に本塁へ生還。7回の中前打でマルチ安打をマークした俊足内野手は「打撃の感覚が良かった」とうなずいた。今季はプロ初出場、初安打、初打点、初盗塁などを記録。飛躍の1年とした20歳は「さらにステップアップできるように成長したい」と意気込んだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ