誠一郎V2王手 熊本G3 【久留米】

西日本スポーツ

 久留米競輪場で代替開催されている熊本競輪G3開設69周年記念「火の国杯争奪戦in久留米」は26日、準決3番をメインに戦われた。10Rは門田凌が3番手捲りで勝利し、3連単15万円の穴を演出した。11Rは松浦悠士が鐘4カマシで主導権を奪うと、中本匠栄や鈴木竜士の捲りを退けて押し切った。12Rは中川誠一郎が3連勝を飾った。中川はマークした上田尭弥がカマシた桐山敬太郎に叩かれると南関の3番手にスイッチ。直線で軽快に追い込んだ。最終日の27日は、最終12Rで決勝が行われる。本紙本命は中川誠一郎。同県の中本匠栄マークから3度目の地元記念Vへと抜け出す。6Rの単発・S級ブロックセブンは中井太祐を軸視。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ