【進め!ギラヴァンツ北九州】2位と勝ち点差4に拡大 シュート22本で圧倒

西日本新聞 岩佐 遼介

 サッカーJ3ギラヴァンツ北九州は27日、ミクニワールドスタジアム北九州(小倉北区)で、16位のYSCC横浜と対戦し、3-1で逆転勝利を収めた。先制を許したが、相手の4倍以上となる22本のシュートを浴びせて圧倒した。成績は16勝7分け5敗の首位。今節を引き分けた2位の藤枝MYFCとの勝ち点差を4に広げた。

 立ち上がりから試合を優勢に進めたが、前半20分、ミドルシュートのこぼれ球を立て続けに打ち込まれて先制を許す。巻き返したいチームは、37分にMF国分伸太郎選手(25)のスルーパスをFW池元友樹選手(34)が冷静に流し込んで同点に追い付いた。

 後半は相手を圧倒。何度も相手ゴールに迫る中、左サイドを駆け上がったDF福森健太選手(25)がゴール前に切り返し、FW町野修斗選手(20)が押し込んで勝ち越した。40分にはPKを獲得し、MF高橋大悟選手(20)が右隅に蹴り込んでだめを押した。

 今季は残り6節。試合後、小林伸二監督(59)は「最後までリーグ戦は何が起こるか分からない。良い準備をしていくに限る」と語った。次節は11月3日、ホームで9位のブラウブリッツ秋田と対戦する。 (岩佐遼介)

PR

ギラヴァンツ北九州 アクセスランキング

PR

注目のテーマ