ソフトバンク森ヘッド、工藤監督と9時間会議 “地獄キャンプ”示唆

西日本スポーツ

 森ヘッドコーチが「追い込みキャンプ」を示唆した。この日、ヤフオクドームに足を運び、11月1日にスタートする宮崎秋季キャンプの練習メニューについて工藤監督と意見交換。約9時間にわたった会議では若手野手の底上げに重きを置き、徹底した練習量を課すことを確認した。「野手陣は目いっぱいバットを振らせる。若い選手が多いからね。走る方も(今春キャンプに続く)第2弾じゃないけど、意識の改革というか、そこもどんどんやらせる」。きょう29日は投手陣の練習メニューなどについて意見交換を行う予定だ。

 秋季キャンプは来月1日から21日まで ソフトバンクは28日、秋季キャンプを11月1日~21日に宮崎市の生目の杜運動公園で行うと発表した。休日は5日、9日、13日、17日。

関連記事