ソフトバンク高橋礼“ライジングボール”を侍絶賛 プレミア12公式球で初ブルペン

西日本スポーツ

 侍ジャパンの福岡ソフトバンク高橋礼投手(23)が29日、沖縄合宿で初めて「プレミア12」の公式球を使用してブルペン投球を行った。NPB球よりも直球が浮き上がり、その軌道はさながらソフトボールの「ライジングボール」。その投球を見守った稲葉監督や、捕球した巨人小林が外国人打者に有効と絶賛した。大会では先発、中継ぎとマルチな活躍が期待されるサブマリンが“魔球”で世界の強豪に立ち向かう。

 沖縄セルラースタジアム那覇の一塁側ブルペンで、視線をくぎ付けにさせたのは高橋だった。巨人小林に座ってもらって15球を投げた後、打者に右打席に立ってもらうように要求。いきなり狙ったのは、内角高めだった。胸元に投げ込んだ直球は浮き上がり、ソフトボールの投手が操るライジングボールのような軌道を描いた。右打席で3球、その後左打席にも立ってもらって7球。計10球、徹底的に内角高めをえぐった。

 「外国人打者は体が大きいし、そこにしっかり強く投げられるようにしないといけない。(外国人はアッパースイング傾向が強く)それを意識しているし、手が伸びるゾーンには投げない」

 NPB球よりも「小さい」と言う「プレミア12」の公式球を初めて握った前日28日のキャッチボールで「高めに浮きやすい」と感じた。実際にブルペンで投げ、軌道もより浮き上がることを確認した。

 受けた小林は独特な軌道に「初球から精度が高い。受けていても浮く感じだから、打者はより(残像が)残ると思う」と目を丸くした。米大リーグでフライボール革命が主流になっているように、外国人打者のアッパースイング傾向も強くなっており、その対応策としては非常に有効になる。

 他の投手が低めに制御されたボールを投げる中、一線を画す投球練習に、稲葉監督も「独特の調整法だね」と驚いた。昨秋の日米野球で2試合に投げ計4イニングを4奪三振、1失点(自責0)に抑えたインパクトは指揮官の脳裏にも焼き付いており「日米野球でも高めの直球で空振りや、ファウルにさせていたのをよく見た。有効なボール」と言わしめた。

 31日の強化試合カナダ戦(沖縄セルラースタジアム那覇)で登板予定のサブマリンは“魔球”に手応えを得ており「ボールになることを恐れず(浮き上がる)真っすぐを投げ込んでいきたい」と胸を張った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ