松鳳山や正代らファン沸かすトーク ご当地力士ら九州場所PR

西日本スポーツ 林 原弘

 大相撲九州場所(11月10日初日、福岡国際センター)の開催をPRするイベントが29日、福岡市・天神の福岡三越北側入り口「ライオン広場」で行われた。

 九州場所担当の雷親方(元小結垣添、大分県宇佐市出身)や幕内の琴恵光(宮崎県延岡市出身)、松鳳山(福岡県築上町出身)、佐田の海(熊本市出身)、正代(熊本県宇土市出身)が参加。詰め掛けたファンと4力士が握手を交わした。雷親方は「平日のチケットは少し残っている。国際センターに足を運んで、力士に声援を送っていただければありがたい」とあいさつ。参加力士は抱負を語り、佐田の海が「九州ではここ数年(昨年まで5年連続)負け越している。今年こそ勝ち越しを」と誓うと、同じ熊本出身の正代が「九州では(入門した2014年以降5年続けて)負け越しがない。今回も勝ち越したい」と返して、ファンを沸かせた。 (林 原弘)

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ