「甲斐キャノン」3年連続ゴールデングラブ 捕手は城島健司以来

西日本スポーツ

 プロ野球の守備のベストナインを選ぶ三井ゴールデングラブ賞が31日に発表され、パ・リーグの捕手部門では3年連続日本一となったソフトバンクの甲斐拓也捕手(26)が選ばれた。

 甲斐は3年連続3度目の受賞。両リーグを通じ捕手が3年連続で選ばれたのは1999~2005年まで7年連続の城島健司(ダイエー、ソフトバンク)以来となった。

 甲斐は球団を通じ「今年もこの賞をいただけるとは思っていませんでしたし、(投手部門の)千賀も受賞したということでこれまで以上の喜びです。もちろん自分の実力だけではなく、監督、コーチ、スタッフの皆さんの支えがあってこそだと思っています」とコメントした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ