首里城火災に侍ジャパンも衝撃 故郷凱旋の嘉弥真「何だ、これは」

西日本スポーツ

 那覇市で31日未明に発生した世界遺産・首里城の火災を受け、同市で午後7時からにカナダとの強化試合を行う侍ジャパンの嘉弥真新也投手(29)=ソフトバンク=は「沖縄のシンボルなのでショックです」と故郷での凱旋(がいせん)登板を前に悲痛な思いを口にした。

 国際大会「プレミア12」に臨む今回の侍ジャパンのメンバーで唯一の沖縄県出身。生まれは石垣市ながら、首里城は「修学旅行でも行ったし、社会人(那覇市のビッグ開発ベースボールクラブ)の時にも行ったことがある」と振り返る。

 「朝、起きて(ニュース映像を見て)何だ、これはと。中心部分が焼けてしまって…鎮火するところまで見ていました」と、球場入りするまで落ち着かない時間を過ごしていたことを明かした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ