周東侍J初盗塁 稲葉監督「あらためて素晴らしい」 敵将「あそこまで速いとは。驚異的」

西日本スポーツ

 ◆侍ジャパン強化試合第1戦 日本5-6カナダ(31日・沖縄セルラースタジアム那覇)

 侍ジャパンの周東佑京外野手(23)が初出場、初盗塁を決めた。9回2死二塁から近藤が1点差に迫る右前適時打を放つと、近藤の代走として登場。今季まで巨人でプレーしたマシソンの初球で投球モーションを完全に盗み、二盗を決めた。

 今回のメンバーに抜てきした稲葉監督は「あそこで一発で走れる勇気もそうだし、改めて素晴らしい足だなと感じました」と高評価。カナダのウィット監督も「あそこまで速いとは。最初に感じていなかったので驚いた。最初の投球で走って、守備にもプレッシャーをかける。とても驚異的」と想像を超えるスピードに目を丸くした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ