瓜生が初日DR1着 開設67周年記念 【芦屋】

西日本スポーツ

 芦屋ボートのG1開設67周年記念「全日本王座決定戦」が31日、熱戦の幕を開けた。12Rのドリーム第1弾「全日本王座ドリーム」は、軽快な回り足に仕上げた地元エースの瓜生正義が白星を奪取。ただ、正味のパワーは2着の石野貴之が一枚上。転覆(減点5)の菊地孝平も、影響がなければ巻き返しは可能な足色だ。予選スタート組は、2日目ドリーム組の太田和美が唯一の連勝発進。中田竜太と西山貴浩は1枠以外で白星をマーク。強力機と組む大上卓人と前本泰和の広島コンビに、2着2本の坪井康晴と久田敏之、2着や3着で舟券に絡んだ村田修次、永井彪也、田中和也、桑原悠の気配が光った。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ