甲斐野「いい感じ」の侍デビュー 最後はフォークで空振り三振

西日本スポーツ

 ◆侍ジャパン強化試合第1戦 日本5-6カナダ(31日・沖縄セルラースタジアム那覇)

 ルーキーで唯一選出された甲斐野が無失点デビューを飾った。2点を追う9回に7番手で登板。先頭打者に直球を中前へ運ばれたが、次打者は内角低めの直球で遊ゴロ併殺。最後は2番打者をフォークで空振り三振に仕留めた。最速154キロをマークした右腕は「緊張はあったし、力んだが、いい感じで投げられた。与えられたポジションでしっかり投げたい」と話した。

PR

PR

注目のテーマ