ソフトバンク松田宣が“後輩”本多コーチに感謝 8度目Gグラブ賞

西日本スポーツ

 プロ野球の守備のベストナインを選ぶ三井ゴールデングラブ賞が31日に発表された。

 パ・リーグの三塁手部門はソフトバンクの松田宣浩内野手(36)が7年連続、三塁手としては両リーグを通じ歴代最多となる8度目の受賞となった。

 松田宣は球団を通じコメントを発表。「連続で獲得すればさらに価値が高まる賞だと思っているので本当にうれしい。毎日ノックを打ってくれる本多コーチに感謝です」と、自らと同じ2006年入団で1学年後輩、昨年限りで引退して指導者に転身した本多内野守備走塁コーチへの思いも明かした。

PR

PR

注目のテーマ