毒島2日目DR制す 開設67周年記念 【芦屋】

西日本スポーツ

 芦屋ボートのG1開設67周年記念「全日本王座決定戦」は2日、予選折り返しの3日目を迎える。2日目12Rのドリーム第2弾「アシ夢ドリーム」は1枠・毒島誠と、初日連勝の3枠・太田和美の人気両者で決着。機力もともにトップクラスの仕上がりを見せる。太田を追い掛けるのは、3戦2勝の前本泰和と大上卓人。成績通りで機力も大威張りだ。2着3本の石野貴之や、オール3連対の永井彪也、久田敏之、山本隆幸らも上位グループ。一方、地元勢は西山貴浩が3戦2勝と気を吐くが、機力は依然として低調。未勝利の篠崎元志と前田将太は、絶好1枠で臨む3日目に、巻き返しを図る。なお、菅章哉はFのため賞典除外。平田忠則は病気のため帰郷。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ