西武秋山、右足薬指骨折代表辞退 強化試合で死球 メジャー挑戦にも影響か

西日本スポーツ 松田 達也

 NPBエンタープライズは1日、日本代表「侍ジャパン」の秋山翔吾外野手(31)が右足第4趾(薬指)基節骨骨折のため、代表を辞退すると発表した。代役に、丸佳浩外野手(30)を招集する。国際大会「プレミア12」で世界一を目指すチームにとって痛手となるだけでなく、自身の米メジャー挑戦に向けての影響も懸念される。

 秋山は10月31日のカナダとの強化試合に「1番中堅」でスタメン出場。3回の第2打席で右足付近に死球を受け、5回の守備から退いた。那覇市内の病院で検査を受け、首脳陣と協議したうえで辞退を決めた。

■「参加できたことは財産」

 稲葉監督は「本人も悔しい思いをしていた。われわれにとっても、日本代表への強い思いを持った選手がいなくなるのは残念。秋山選手の思いを胸に戦いたい」と話した。丸は台湾入りする2日からチームに合流する。

 秋山は「このような結果となって残念ですが、試合に出る上では起こり得ることなので仕方がない。世界一を取るため、このメンバーに参加できたことは自分にとって何よりの財産。故障を恐れて参加しない方が後悔したと思う。優勝のシャンパンファイトにはゴーグル持参で参加します」とコメント。今後のリハビリに向けて「治療に全力で取り組みたい」と前向きに話した。 (松田達也)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング