ソフトバンク工藤監督が発見 また「育成の星」千賀2世、66回で104奪三振

西日本スポーツ 倉成 孝史

 またまた「育成の星」候補発見! 福岡ソフトバンクの工藤公康監督(56)が2日、最速152キロの金の卵に熱視線を送った。宮崎秋季キャンプ2日目は、育成2年目の尾形崇斗投手(20)のブルペン投球をチェック。今季は3軍戦と10月の秋季教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」で計31試合に登板し、66回2/3の投球回をはるかに上回る104奪三振、防御率1・62をマークした右腕を高評価した。千賀、甲斐、周東ら育成出身選手が数多く飛躍したチームに期待の新星が現れた。

■“登板”に合わせブルペンに

 20歳の投球を見届けた工藤監督の大きな瞳は「お宝発見」の輝きを放っていた。「秋だねぇ~」。言葉の真意は定かではないが、ブルペンでは育成2年目の尾形に視線はくぎ付け。間近で65球の投げ込みを見守ると、「球に力があるね」とシンプルに高評価した。

 故障防止を重視する今秋は体力強化のメニューが中心で、工藤監督も午前中から投手陣のランニングなどを精力的にチェック。その途中で倉野ファーム投手統括コーチに午後にブルペン入りする投手と時間を確認。尾形の“登板”に合わせてブルペンに足を運んだ。

 育成2年目の右腕は、ファーム首脳陣の報告を受けた工藤監督にとって、初日から気になっていた存在だった。「(みやざき)フェニックス(リーグ)でも良かったみたいだもんね」。技術面でも自分でいち早くチェックする機会を探し、2日目で実行に移した。

 今季は3軍戦と10月の「みやざきフェニックス・リーグ」で計31試合に登板。66回2/3の投球回をはるかに上回る104三振を奪った。入団時に145キロだった直球は最速152キロまでアップ。フォークも武器で、同じく育成から日本を代表する投手へ成長した千賀をほうふつとさせる。

 指揮官の熱視線を一身に集めた尾形は「すごく緊張しました」と初々しい表情を見せた。その一方で初日、2日目と午前中のランニングメニューでは常にトップを快走。「(力を)抜いたりとか自分に負けたりすることはもうないので、あとは他の人に負けないようにするだけ」とハングリーさを前面に押し出す。

 伸び盛りの右腕の必死な姿を、工藤監督も「大事なこと」と買っている。みやざきフェニックス・リーグでの投球を見守った小川2軍監督も「頭がいいし、うちの森みたいに気迫を前面に出すので、見ていて気持ちがいい」と話すなど、高評価を与えるのは工藤監督だけにとどまらない。

 チームでは多くの「育成の星」が活躍中。投手で千賀、石川、大竹、二保、野手では甲斐、牧原、周東らが3年連続日本一に貢献した。その土壌があるだけに、尾形も「来年はヒーローインタビューを受けたい」と、既に支配下登録の先を見据えている。「楽しみだね」。工藤監督の瞳には、新たな育成の星が輝きを放つ姿が見えている。 (倉成孝史)

PR

PR

注目のテーマ