西武渡辺GM“殺し文句”は用意せず FA福田と解禁日の初交渉

西日本スポーツ

 ソフトバンクから国内フリーエージェント(FA)宣言した福田秀平外野手(30)が3日、福岡市内のホテルで西武と初交渉に臨んだ。

 交渉解禁に伴い、福岡に乗り込んだ西武の渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)は「一番初めにメッセージを伝えられたと思う」と手応えのコメント。交渉は約40分で、いわゆる“殺し文句”は用意しなかったという。「とにかく誠意を伝えた。どれだけ必要としているかを誠実に伝えることだけ」と振り返った。

 西武は秋山がメジャー移籍を目指して海外FA権を行使し、外野は再編成が必至の状況。福田がFA権の行使を表明した10月下旬に、渡辺GMが他球団に先駆けて獲得に乗り出すことを明言していた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ