侍2戦目先発の高橋礼がマウンドを確認 イメージは日本のあの球場

西日本スポーツ

 プレミア12に出場する侍ジャパンの高橋礼投手(24)=ソフトバンク=が3日、台湾・桃園球場での練習でブルペン入りして調整した。同球場で行われる6日の1次ラウンド第2戦、プエルトリコ戦で先発する予定だ。

 約40球の投球練習では、大会公式球に対応するため変化球を多めにしたという。本番で上がるマウンドも入念にチェック。「(西武の本拠地)メットライフドームみたい。平地に近いフラットな感じ」と今シーズンは3試合に登板したリーグ王者のホーム球場をイメージした。

 さらに、内野には芝が生えており「内野安打でピンチになったら痛い」とゴロに素早く対応する必要性も口にした。

PR

PR

注目のテーマ