リオ銅の羽賀が8年ぶりV 子ども誕生「モチベーションに」

西日本スポーツ

 ◆柔道講道館杯全日本体重別選手権最終日 男子100キロ級(3日・千葉ポートアリーナ)

 男子100キロ級はリオデジャネイロ五輪銅の羽賀が「パパの意地」を見せて8年ぶりの頂点に立った。決勝は1学年上の西山に指導3で反則勝ち。「自分の思うような柔道はできなかったけど、勝ててうれしい」。2カ月前に子どもが誕生。「いい報告ができた」と喜んだ。五輪代表争いでは厳しい立場ながら「赤ちゃんは今までにないモチベーション。一つ、一つの試合を頑張っていきたい」と力を込めた。

PR

柔道 アクセスランキング

PR

注目のテーマ