ソフトバンク栗原「とにかくやばい」 鬼の“豆まき”特守

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク秋季キャンプ(3日・宮崎市生目の杜運動公園)

 栗原が「豆まき」に悲鳴を上げた。全体練習終了後、サブグラウンドの本塁近辺で四方八方にばらまかれたボールに対し、両膝をつくようにして捕球。即座に腰を上げて送球姿勢をとり、本塁へ戻るといった通称「豆まき」と呼ばれる練習を約100球分こなした。「きついなんてもんじゃない。とにかくやばい。(キャンプ)初日は特打、昨日(2日)、きょうは捕手での特守。明日は外野での特守も控えてますからね」。その直前には送球練習、スクワット130回と徹底的に下半身をいじめ抜き、苦悶(くもん)の表情を浮かべていた。

PR

PR

注目のテーマ