ソフトバンクFA福田いきなり2球団と交渉 大争奪戦に発展か

西日本スポーツ 山田 孝人

 国内フリーエージェント(FA)権を行使した福岡ソフトバンクの福田秀平外野手(30)が交渉解禁日の3日、福岡市内のホテルで西武と初交渉に臨んだ。一番乗りで“即アタック”した西武・渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)の熱い言葉に感激した様子で、終了後も笑みがこぼれた。同日中には中日とも話し合いの場がもたれ、福田を巡る大争奪戦が開戦した。

 約40分間の会談を終えると、福田は笑みを浮かべて報道陣の前に姿を見せた。今季のパ・リーグで2連覇を達成した西武の交渉役、渡辺GMの熱い“ラブコール”に感激した様子で「(渡辺GMは)現役時代も知っていますので、すごく緊張しました。交渉の中身については極秘ですけれど、強いチームからお褒めの言葉を頂けて、とても光栄です」とうなずいた。

 言葉通り、条件面など会談の詳細は一切明かさなかったが、晴れやかな表情が充実した話し合いが行われたことを物語っていた。「熱い言葉を頂いて、本当にうれしいのひと言です。自分の人生なので、これからしっかり考えていきたい」と声をはずませた。

 さらにこの日は、同市内で獲得レース参戦を表明している中日とも接触がもたれた。福田の今季年俸3600万円(推定)はCランク(球団内の日本人選手で年俸11位以下)とみられ、獲得にあたっての補償が必要ない、このオフのFA市場最大の目玉選手だ。この先もヤクルトやロッテ、楽天との交渉が続々と行われる見通し。かねて「いろいろな球団の話を聞きたい」と話していたように、今後も会談の場に福田自身が出席した上で、熟考を重ねて決断する方針だ。

 報道などでも知る高評価に感謝をする一方で、気が引き締まる思いでいるという。FA権の行使を表明した際、福田は理由の一つに「出場機会」を挙げたが、西武との会談後の会見でもあらためて言及。「出場機会はどこでも勝ち取るものですから。どこに行っても、より一層の努力をしないといけない。そこは頑張るだけです」と話した。

 宣言をした上での残留も認めており、工藤監督が直接慰留したソフトバンクに残ることも選択肢の一つとなる。だが、いずれにしても激しいレギュラー争いは避けられない。それだけに「体はずっと動かしていますよ。大事な時期ですからね」。トレーニングを継続しながら、極限まで頭を悩ませて決断を下す秋となる。 (山田孝人)

PR

PR

注目のテーマ