西武はFA福田に「4年+背番号」提示か 好待遇で速攻アタック

西日本スポーツ 小畑 大悟

 熱意あふれる速攻アタックだった。西武は交渉解禁初日に一番乗り。福岡に乗り込んだ渡辺GMは「いち早く福田選手がほしいと一番初めにメッセージを伝えられたと思う。(獲得に)いきますと言うのも速かった。だったら(交渉も)一番にいかないとだめ」と、いの一番にこだわった。

 ホテルでの交渉では、殺し文句は用意せず「とにかく誠意を伝えた。どれだけ必要としているかを誠実に伝えることだけ」と振り返った。福田からは「なぜ(西武は)けが人が出ないのか」と質問を受けたという。今季も主力野手に故障者が出なかった理由を問われ、メディカル部門の強化を強調した。

 渡辺GMは「彼がFAで手を挙げるのではという情報が流れた時点でほしい選手だった。うちに足りない部分を埋めてくれる。全ての部分で能力の高さは(自身が)監督のころから肌で感じていた。走攻守そろった素晴らしい選手」と褒めちぎった。ソフトバンクの提示が4年総額5億円程度とみられるのに対し、同等の条件に加え、背番号を含めた好待遇を提示したもようだ。近年はFA補強に消極的だった西武が見せた電光石火の速攻劇。最大限の誠意を伝えて吉報を待つ。(金額は推定) (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ