流れ呼ぶ新人侍・甲斐野は「持ってる男」また開幕星

西日本スポーツ

 ◆プレミア12 1次ラウンドB組 日本8-4ベネズエラ(5日、台湾・桃園)

 侍ジャパンの5番手・甲斐野の快投が試合のポイントとなった。

 2点ビハインドの8回に登板。ヤクルトでもプレーしたリベロを3球で右飛、米大リーグ経験も豊富なブランコを初球ストレートで中飛に打ち取ると、マチャドを簡単に追い込んで得意のフォークで空振り三振。計8球で三者凡退に抑え、直後の一挙6得点での逆転を呼び込んで、自身も白星を手にした。

 東洋大からソフトバンクにドラフト1位で入団し今季が1年目。開幕戦で同点の延長10回にプロ初登板すると、2回5奪三振の快投でサヨナラ白星を呼び込んだ。

 その後セットアッパーや、一時はチーム事情に合わせて抑えも務め、チーム最多の65試合に登板。3年連続日本一に貢献した。辞退者の代替で侍ジャパンに初選出。プロ入り後の国際大会初登板で、再び「開幕戦白星」を手にした。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング