ベテラン侍松田宣バント失敗 稲葉監督は「次もサイン出す」

西日本スポーツ

 ◆プレミア12 1次ラウンドB組 日本8‐4ベネズエラ(5日、台湾・桃園)

 プレミア12で2大会続けて「開幕スタメン」に名を連ねた侍ジャパン最年長の松田宣が手痛いバント失敗を犯した。「8番三塁」で出場したが、2点を追う8回無死一、二塁で試みたバントが一飛。稲葉監督は「代表に集まった選手には全員バントの可能性があると伝えていた。次に同じシチュエーションでもバントのサインを出すと思う」と説明した。

 2015年の前回大会では初戦の韓国戦で2安打を放ったが、この日は5打数1安打。それでもチームの勝利に「誰が打ったとかは関係ない。勝てたのが大きい。最後に勝てていればいい」と前を向いた。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング