230万円ダウンも吉報 西武のサブマリン与座が支配下復帰

西日本スポーツ

 西武の与座海人投手(24)が6日、秋季キャンプ地の宮崎県日南市南郷町で契約更改交渉を行い、支配下選手に復帰することが決まった。230万円ダウンの年俸470万円でサイン。背番号は124から44に変更される。沖縄尚学高、岐阜経大を経てドラフト5位で入団した2018年のオフに右肘の内側側副靱帯(じんたい)再建手術を受け、育成契約となっていたサブマリンは「今年の契約で(支配下に)戻りたいと思っていた。うれしい気持ちもあるけど、より気持ちが引き締まる」と話した。

 与座は今年9月に実戦復帰し、今後が期待される存在。福岡ソフトバンクの高橋礼が今季12勝を挙げ、侍ジャパンにも選出されるなどアンダースローが注目を集めており、与座は「やっと9月から投げられるようになって、めども立ってきた。来年は先発でもしっかり投げられるようにしていきたい」と表情を引き締めた。(金額は推定)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ