ソフトバンク福田、ヤクルト&ロッテとFA交渉 西武、中日に続き4球団が「高い評価」

西日本スポーツ

 国内フリーエージェント(FA)権を行使した福岡ソフトバンクの福田秀平外野手(30)が6日、福岡市内のホテルでヤクルト、ロッテとそれぞれ交渉に臨んだ。解禁日の3日には西武、中日と交渉。今後、楽天とも交渉を行うとみられる。

 午前10時からヤクルト伊東編成部長らと約50分、話し合いを行った福田は「高い評価をいただいた。リーグが違うのにしっかり見てくれていると思った」と喜びを口にした。午後からはロッテと交渉。「同じリーグで戦っていたチームから高い評価をしていただきうれしいし、光栄」と笑顔を見せた。

 両球団との交渉内容は明かさなかったが、宣言残留を認めているソフトバンクの提示が4年総額5億円程度とみられるのに対し、各球団がそれにひけをとらない金額を提示しているもよう。「とにかく悩んでいる。ありがたい悩みですね」。決断には時間を要しそうだ。

PR

PR

注目のテーマ