グラシアルもデスパも沈黙…モイネロは連続押し出し

西日本スポーツ

 ◆プレミア12 1次ラウンドC組 キューバ0-3カナダ(6日、韓国・高尺スカイドーム)

 1次ラウンドC組が韓国で開幕し、キューバは零敗スタートとなった。

 3番グラシアル、4番デスパイネ(ともにソフトバンク)がそろって4打数無安打2三振。元巨人の5番セペダは4打席連続三振だった。

 1点を追う8回に登板したモイネロ(ソフトバンク)が2死満塁から2連続押し出し四球。打者7人に1安打、3四球(申告敬遠一つを含む)、1死球と制球が定まらず、この回を投げきれず降板となった。

 カナダは先発オーモンが8回を95球で2安打9奪三振の無失点。10月31日の強化試合で日本を3回無失点に抑えた右腕が快投を演じ、3点リードの9回を前巨人のマシソンが無安打で締めた。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ