侍切り札 周東いきなり盗塁死もリクエストで判定覆る

西日本スポーツ

 ◆プレミア12 1次ラウンドB組 日本-プエルトリコ(6日、台湾・桃園)

 侍ジャパンの代走の切り札、周東が今大会初めて走った。

 5日の初戦では三塁走者の代走として起用されており、盗塁企図なし。この日は4点リードの8回1死一塁、近藤の代走で登場した。

 初球の前にけん制。1ボールとなって2球目の前にもけん制が入った。2球目でスタート。左足から滑り込んだが、捕手に好送球され、一度はアウトの判定が下された。

 すかさず稲葉監督がリクエスト。タイミングはアウトだったが、ベースカバーに入った二塁手が、周東の左足が二塁ベースに着く前に脚にタッチできていたかは微妙だった。

 約1分半のリプレー検証の末、判定は覆ってセーフに。周東は驚いたような表情も見せた。1死二塁でプレー再開となったが、後続が倒れ、侍ジャパンはこの回追加点を挙げることはできなかった。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング