ソフトバンク工藤監督、高橋純に「右腕の使い方」レク

西日本スポーツ

 高橋純が「カーブの抜け」を念頭にブルペン投球を行った。直前の体幹トレーニング中に工藤監督から「右腕の使い方」に関するレクチャーを受け、即座に実践。右腕を強く振ることを意識付けするためにプレートの後ろからも投げるなど、工夫を凝らしながら約60球投げた。「プロ入り当初は投げられていたカーブが、今年は使えなかった。来年は先発をやりたいし、先発を目指すなら中継ぎの時以上に緩急が大事になる。今のうちから取り組んでおかなきゃと思って」と話した。

PR

PR

注目のテーマ