ソフトバンク武田 右肘検査で離脱

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの武田翔太投手(26)が6日、不安を抱えていた右肘の検査を受けるため、参加していた宮崎秋季キャンプから離脱した。シーズン終盤に訴えていた右肘痛は回復傾向にあり、今キャンプもここまでノースローと慎重に練習を重ねてきたが、工藤監督は「もう一度(病院で)診てもらった方がいいとのことだった。診てもらった方が、本人が一番安心できる。不安を解消してもらえたらね」と説明した。検査の結果、手術に踏み切ることも考えられるが、指揮官は「まだ、そこまではいってない。診てもらって、次を考えます」と話すにとどめた。

PR

PR

注目のテーマ