ソフトバンク秋季キャンプで異例のケース打撃 その狙いは

西日本スポーツ

 秋季キャンプ第2クール初日の6日、若手中心の野手陣が秋では異例のケース打撃に取り組んだ。実戦形式で無死一塁などの状況を想定し、送りバントやバスターエンドランなどを行った。送りバントは転がす目安として、ホームベースから約5メートルの位置に白線が引かれた。春季キャンプではよくある練習メニューだが、森ヘッドコーチは「若手が多いので、意識付けだよ」と狙いを説明した。

PR

PR

注目のテーマ