元嘉風の中村親方「気持ち悪い」 九州場所前夜祭で本音トーク

西日本スポーツ 林 原弘

 10日に初日を迎える大相撲九州場所の前夜祭(西日本新聞社など後援)が7日、本場所の会場でもある福岡市の福岡国際センターで行われた。

 土俵上での対談コーナーには荒磯親方(元横綱稀勢の里)、先場所を最後に現役を引退した中村親方(元関脇嘉風)、琴奨菊、豊ノ島の30歳代の親方、関取が登場した。大分県佐伯市出身の中村親方は「親方と呼ばれるのが慣れない。気持ち悪い」と率直な心境を明かして笑いを誘った。

 また、同親方は「(相撲を)見る側として今場所で期待したいのは琴奨菊関」と指名。これに対し、福岡県柳川市出身の琴奨菊は「期待に応えて(一年)納めの九州で好成績を残したい」と意気込みを見せて大きな拍手を浴びた。

 九州出身関取の紹介、鶴竜、白鵬の両横綱土俵入り、ゲーム大会なども行われた。(林原弘)

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ