侍周東、台湾でさらに注目度アップ「ホームにかえりたい」

西日本スポーツ

 ◆プレミア12 1次ラウンドB組 台湾1-8日本(7日、台湾・台中)

 周東が2次ラウンドでの得点量産を誓った。この試合でも9回1死一、二塁の場面で一塁走者の代走で出場。2死一、三塁となってから、源田の適時三塁打で生還した。1次ラウンドは全3試合で代走で登場し、1盗塁、2得点。台湾メディアからも紹介された快足は「(ホームに)かえることが仕事。警戒されたら勝ち。これからも、ホームにかえりたい」と意気込んだ。

PR

PR

注目のテーマ