上吹越直樹が3番手強襲でV ミッドナイトF2 【小倉】

西日本スポーツ

 小倉競輪のF2ミッドナイトは7日の最終日、7Rで決勝戦が行われ、上吹越直樹(鹿児島)が3番手強襲で優勝した。
 レースは、森田康嗣―塚本勝士、久樹克門―葛西雄太郎、望月一成―柴田功一郎、上吹越で周回。赤板で動いた望月が中団の久樹にフタをして打鐘先行。強引に叩き返しを狙った久樹はBSで2番手まで上昇したがいっぱい。望月の先行は抜群の掛かりだったが終始、南関勢追走で脚を使わなかった上吹越が3番手から一気に伸びて1着。6月小倉以来、今年2度目の優勝を飾った。


【次回小倉ミッドナイト開催】
11月27~29日
A級1、2班(7レース制)

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ