ソフトバンク柳田が右肘手術 復帰まで3カ月の見込み

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクは8日、柳田悠岐外野手(31)が7日に横浜市内の病院で「右肘関節鏡下遊離体切除術・滑膜切除術」を受けたと発表した。復帰まで約3カ月の見込み。同箇所の手術は2015年以来、2度目。

 今シーズンは開幕当初に負った左膝裏の肉離れのため4カ月半の離脱を強いられ、8月に復帰した。右肘はその後の9月に痛むようになったという。

 10月30日に手術を受けることを明かした際には「しっかりリハビリに取り組めば、来年2月のキャンプは大丈夫だと思う」と来シーズンを見据えたものであることを強調していた。

 今後は経過をみながら、近く福岡県筑後市のファーム施設でリハビリ組に再合流する見通しだ。

PR

PR

注目のテーマ