豪州初勝利でC組に動き 韓国突破、キューバ条件は

西日本スポーツ

 ◆プレミア12 1次ラウンドC組 オーストラリア3―1カナダ(8日、韓国・高尺スカイドーム)

 オーストラリアがカナダに競り勝ち、1次ラウンド(R)最終戦で初勝利を挙げた。

 初回に1番ケネリーの二塁打から3番グレンディニングの犠飛であっさり先制。ところが直後の2回に追いつかれると、この回途中で先発アザートンを諦めた。

 3番手ケントが5イニングをまたいで無失点など救援陣が踏ん張ると、8回に2死から一、二塁の好機。4番ウェードが、ここで投入された元巨人のマシソンから三塁打を放って2点を勝ち越した。

 ナイターで2勝0敗の韓国と1勝1敗のキューバが対戦するが、オーストラリア、カナダがともに1勝2敗となったことで、韓国の2次R進出が決定。キューバは勝てば突破が決まる。負ければ1勝2敗で3チームが並び、当該チーム間のチームクオリティーバランス(TQB=1イニング平均得点―1イニング平均失点)比較でオーストラリアが上位となる。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング