西武山川、来季は3年連続HR王&V3 本塁打の目標数は封印

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆西武秋季キャンプ(宮崎県日南市南郷)

 西武の山川穂高内野手(27)が、来季の目標に3年連続本塁打王とリーグ3連覇を掲げた。今季は「50発」の目標を公言したが、来季は数字を封印。「何でも『3年続ければ』と言われる。あと1年(本塁打王を)取りたいし、僕が取れば優勝している。いい方向にいっている」と語った。

 今季は43本塁打。リーグ2位のデスパイネ(ソフトバンク)に7本の大差をつけたが、「厳しくやって(目標を)達成できなかった。言うだけ言ってできなかったことは、いい経験になった」。来季はあえて数字は挙げず、本塁打王とチームの勝利にこだわる。

 今秋の宮崎・南郷キャンプは「強い体をつくる」がテーマだ。シーズン中に痛めたアキレス腱(けん)に気を使いながら「お尻回りなど野球選手として大事なところを鍛えている」。打撃だけでなく、守備練習にも多くの時間を割いている。

 強い体で安定感を追求する。「もっと体が強くなれば、(状態が)上下しても結果が出ると思う」。食べる順番やスポーツドリンクの摂取量は球団の栄養士の指導に従うなど、食事にも気を使うようになった。背番号「33」が二つの「3」を現実にする。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ